ドラゴン・ストラテジーFX

 

【概要】

2つの矢印サインの方向が一致した時がエントリーチャンス!

王道トレンドフォローロジック

 

 

 

トレンドに乗って朝から14万ゲットの軌跡!

ユーロドル +30pips

 

ドル円 +15.8pips

 

上記のチャートは、10月3日のヒデさんのトレード画像です。

上手く、ドル円とユーロドルの相関関係を活用した

”相関トレード”

の成功例ですね。

 

この日は、私も実際にトレードしていましたから、

この日の相場の様子を良く覚えています(^^;

 

まぁ、私の場合は、10万通貨~20万通貨の取引なので、

1回の利益の金額がヒデさんとは異なりますが、

 

このようなパターンは、

ドル売り・ユーロ買いのパターンです

 

つまり、市場ではドルが売られ、ユーロが買われるという現象。

ちなみに、ポンドは売られてましたね。

 

ドル円とユーロドルは「逆相関関係」の関係にあるので、

この関係をしっかり押さえておけば、

ドラストFXの勝率を引き上げて行く事が可能になります。

ドル円とユーロドルの相関関係とは?

 

同じ対ドル通貨なので、ドル円とユーロドルは反対に動きやすくなります。

つまり、対照的な動きになりやすいと言う事です。

 

但し、常に反対に動く訳ではなく、

互いにブレイクした時に対象的な動きになります。

 

「相関関係」には、負の相関と、正の相関の2パターンが存在します。

対ドル通貨である、ドル円とユーロドルでは「相関係数」が低い為、

どちらかと言えば対照的な動きになりやすいのです。

 

「ドラゴン・ストラテジーFX」はブレイクアウトに特化したロジック!

 

ドラゴンストラテジーFXの基本ルールとは、

2つの矢印サインの方向が一致した時がエントリーチャンスです。

 

「大矢印」とは、チャート左側のドラゴンメーターを意味します。

このドラゴンメーターのサインと、エントリーサインの方向を判断しながら

エントリーしていくのが基本のルール。

 

大矢印は、大きな時間軸の方向を示しているので、

エントリーサインの方向と一致する時は、

押し目・戻り・ブレイクアウトをしっかり狙えます。

 

FXでは、常にトレンドが出ているタイミングを狙うことが大事なので、

非常に理にかなったロジックです。

 

通貨の「相関関係」を知る事のメリットとは?

 

相場においてどのようにレートが動いているのか?

簡単に言えば「選挙の投票」みたいなもの。

 

その日どの通貨が買われる(売られる)かによって、

通貨の強弱が決まってきます。

 

例えば、昨日のような「ドル売り・ユーロ買い」の場合、

ドル<ユーロ

の関係が必然的に成り立つ訳です。

 

更に、ここに「ポンド売り」が加速した事で、

ドル円はレンジ、もしくは下がる傾向にあります。

 

そうすると、ドル円を売り、ユーロドルを売り注文すれば

必然的に勝率がアップするのです。

 

この様に、通貨には相関関係が存在します。

この相関関係をしっかり押さえることで、

ドラゴン・ストラテジーFXの実践が10倍楽しくなります。

 

実は、市場は株式を含め、1つに繋がっていると言って良いでしょう。

米国株が好調な動きであれば、ドル円も下げ渋る傾向にあります。

 

これに対し、欧州株が堅調な動きであれば

ユーロ系の通貨も上値が重くなる傾向にあります。

 

こうしたマーケットの状況を事前に掴んでおくことも、

無駄なポジションを避けることに繋がるのでお薦めです

ドル円とダウンは連動して動きやすい!

 

では、為替と株では互いの相関関係はどうなのか?

実は、ドルが絡むドル円と、ダウは連動して動きやすい傾向に有ります。

 

ドル円とダウは非常に似た様な動きになります。

アメリカのベンチャー株指数であるS&P500も同じです。

 

ちなみに、ダウはここ5日間連続して高値を更新。

sかし、あまりダウが上がりすぎても困るので、ドル円が下支えする形になっています。

 

こうして比較していると、

通貨の状態は、その国の経済状態を示している事にもなるので、

投資を行うことは、色んな意味でも役に立ちますね(^^)

 

今月のドラストFXシークレット特典のご案内

 

※この特典は機関限定です。予告なしに終了します。

予めご了承下さい